いきなりはムリ…でもいつか嫌いな自分を好きになりたい あなたのための方法

__自分が嫌い。好きになれるなんて想像できない。

 

自分が嫌いだと辛いですよね。想像ができないのも分かります。
いきなり好きになる!まではいかなくても、
まずは、自分を「嫌いではなくなる」まではいけるかも!

そんな方法をお伝えしたいと思います。

 

 

という事で今回は
嫌いな自分を好きになる、よりも先にやるべきことをお届けしていきます。

 

自分が嫌い、だからがんばって好きになるためのワークとかしてみようかなと思ったんけど…やっぱり好きになれる気がしなくて取り組めない。取り組んではみたけど好きになれなかった。

という方のためのワークです。

 

 

嫌いのままでいい、まずは自分を受け入れる

あなたはどんな自分が嫌いですか?
まずそれを思い浮かべてみましょう。

・すぐ落ち込む自分が嫌い

・仕事でミスばかりする自分が嫌い

・やろう!と決めたことが続かない自分が嫌い

・痩せたいのに痩せれない自分が嫌い

・いい人ぶる自分が嫌い

など色々あると思います。

嫌いな自分をいきなり好きに
するのは難しいと感じている方は

先ずは嫌いな自分を

「受け入れる」

ことからスタートしましょう。

嫌いな自分を好きになることが
嫌いな部分の良い面を見るイメージだとすると、

【嫌いすぐに不安になる自分が嫌い
【好き】▷十分にリスクを考え、事前準備できる

 

 

嫌いなところを受け入れるというのは

【嫌い】すぐに不安になる自分が嫌い
【受け入れる】▷すぐ不安になる自分であっても良い

というように、
その嫌いな部分があることを【許す・認める】といったイメージです。

実際に体感すると分かりやすいので、
これからワークをご紹介します。

嫌いな自分を受け入れるワーク

2つ、ご紹介します。

【必要なものノート、ペン
【所要時間10分程度

ワーク1 嫌いな自分を受け入れる

まずは、
嫌いな自分を受け入れるワークです。

ステップ1:嫌いな自分を書き出す

先ほど挙げたように
・すぐ落ち込む自分が嫌い
・いい人ぶる自分が嫌い

など、思いついただけそれをノートに書いていきましょう。

ステップ2:なるべく身近な人で、自分の尊敬している人を挙げる

例:母、会社の上司、近所のママ友、など。
※有名人でも良いですが、遠過ぎる存在はなるべく外しましょう。

 

ステップ3:その人は、自分が嫌いだと思っている部分が全く無い人間かを考える

例)
【嫌いな部分】すぐ落ち込む自分が嫌い
【質問】上司の〇〇さんは全く落ち込むことがない??

答えある。取引先との関係で落ち込んでいた。

あなたが嫌いなあなたのその部分は、「どんな人でも持っている面だ」ということを感じてください。その部分を持ってない人は恐らく一人もいません。自分の嫌いなところって「他の人と比べて出来てないから」という主観が大半ですが、そのとき比べている相手のことを過大評価し過ぎているケースがほとんどなんです。

 

例えば私は、自分では落ち込みやすいし、うじうじしていることが多いなと思っていたのですが、他の人から「いつもニコニコされていて元気をもらってます」という様なことを言ってもらえることが多かったんです。

人見知りで話しかけられなかったので、とりあえず悪く思われない様に笑っておこうと思ってたんですよね。他の人から見たらそんな風に映るんだな、と思いました。

 

つまり何が言いたいかというと、「あの人はできてるのに…」と思ってるいることって、案外その人もできていないことが多いよってことです。むしろ実は自分の方ができていたりすることも意外と多いんですよ。

誰かと比べて「自分は全然できていない」という劣等感が、自分の嫌いな部分作る大きな要素ですが、実は他の人もできてないと気づくことで安心できたりもします。

 

ステップ4:自分は本当に嫌いな部分が全くできない?できていたことはないかな?自分よりできてないない人は全くいないのか?を考える


【嫌いな部分】仕事でミスばかりする自分が嫌い
【質問】本当にいつもミスしてばかりか?できていたことはないかな?自分よりできてない人は全くいないのか?

答えそう考えるといつもではないな。せいぜい月に1回ある程度かな。ミスなくできてることの方が多いかも。そう言えば〇〇さんの方がもっとミスしてるな

 

できている、できていないというのは主観(思い込み)でしかありません。


あなたが嫌いだと思っている部分は本当にできていないのでしょうか?そんなにダメダメなのでしょうか?

私たちはできていないところについ目が行きがちです。
でも実は、できていないと思ってる事は、あなたよりできていない人が山ほどいます
できていると思っている事でも、あなたよりできてる人もいます。

 

ですから、幸せに生きるコツは「私、できてる!」と思い込む力ですね
ステップ4で、できてないと思っていることのできている部分を見てみてください。

 

ステップ5、自分の嫌いな部分を許す

ステップ3と4をやって、常にできている人がいないことがわかりました。
次はできていない嫌いな自分を許せるようになっていきましょう。


【嫌いな自分】すぐ落ち込む自分が嫌い
許す】すぐ落ち込む自分であってもいい
すぐ落ち込む自分を許します

こんなイメージで、自分に「許します」と声をかけてあげてください。最初は「何これ」と思うのですが、やってみると本当に心が楽になるので、ぜひ何日か続けて試してみてください。

 

ワーク2  嫌いな自分を受け入れて前に進む

ステップ1:なぜ「〇〇ができない自分は嫌い」と思っているのか?を考える

例:仕事でミスばかりする自分が嫌い
【なぜ嫌い】自分に存在価値を感じられなくなるから

ステップ2:その答えに対し「なぜそれが嫌なのか?」を考える

もう出てこないところまで繰り返しましょう。

例:

なぜ、自分に存在価値を感じられないと嫌なのか?
【答え】誰からも必要とされてないと感じるから

なぜ、誰からも必要とされないと嫌なのか?
【答え】寂しいから

なぜ、寂しいと嫌なのか?
【答え】生きてて不安になる。自分という存在がこの世に不要なんじゃないかと感じる

 

ステップ3:根本にある「願い」は何か?考えてみましょう

ステップ2で挙げた答えの中から、
これが自分が1番求めてるものかも?というワードを探してみましょう。

ステップ2の例を参考にすると

「誰かに必要とされていないと感じる不安をなくしたい」
という心の声を強く感じるので

誰かに必要とされたい

が願いだと仮定します。

 

多くの場合
・必要とされたい
・認められたい
・楽しみたい
・安心したい
などが根本的な「願い」です。

あなたの本当の願いは何なのか掘り下げてみてくださいね。

 

ステップ4:なぜを繰り返しでてきた「願い」を含め自分を許す

例:

仕事でミスばかりする自分が嫌い
根本的な願い:必要とされたい

→仕事でミスする自分でも必要とされて良い
→仕事でミスする自分でも愛されて良い

 

ステップ 5、願いを叶える目標を立てる

例:

仕事でミスする自分でも必要とされて良い。

→仕事でミスする自分でも必要とされて良い。でも更にミスの頻度を月0回にしてもっと必要とされる自分になろう!

→仕事でミスする自分でも必要とされて良い。でももっと自分が必要とされる、自分の適正を生かせる仕事を探そう!

→仕事でミスする自分でも必要とされて良い。と思えるように自分の良いところを見る習慣をつけていこう!

 

ステップ6:そのために今日からできる行動はなにか?


・毎日その日にあった良いことをノートに書く。
・自分の性格分析をし、より適正のある仕事を探す。
・褒められたことは必ずメモしておく。